Queue.雑記( )

プログラミングと雑記

クレジットカードのお話

社会人になりクレジットカードがあると何かと便利だと

言われるがままにつくって

それから1年が経った

なので、ちょっとあれこれ思うことを書く

 

クレジットカードの使い心地

 クレジットカードをつくった直後から今の生活は考えられなかったが

今となっては、クレジットカードがない生活には戻れないまで

依存してしまっている

 

ここだけをみると

「ああ、浪費者なんだな」

とか思われがちだが、

月々の支払いは電気代、携帯代、食費、雑費、被服費

大体5万前後、多い時で7万ほどに収まっている

(被服費は半年に1回1万以内ってペースだけど)

 

それでいて、毎月ポイント還元されるわけだし

それはもうウマウマというやつだ

 

クレジットカードのメリット

クレジットカードを使うことは、

言い方を悪くすれば

借金をする、といってもいいだろう

 

それこそ、

使い始めは支払いを後回しにすることにかなり抵抗があり、

ビクビクしながら使っていた

 

使い始めてから数日経ったある日、

「乱用しなければ、普段通り生活できるんじゃね?」

と、割り切ることにしてみた

これが依存への第一歩になるのだが…

 

まず、

どこへ行くにも現金を所持しないことにした

会社に行くときはもちろん、

街中に遊びに行くときでさえ、財布を持たずに、

手帳型のスマホにクレジットカードを挟んで、

それだけで出かけるようにした

 

これのメリットは、無駄な出費が減ること


まず、自販機でジュースが買えなくなる

チャリンチャリンできないのだから当然だ

次に、クレジットカード加盟店でないと買い物ができない

もう少し踏み込んでいうと、むやみに店に入らなくなる

これは性格にもよるかもしれないが、

俺の場合は

「クレジットカード使えるかわからないし、

入っても意味ないか」

といった感じに諦めがつく

 

また、現金を所持しないので荷物がやたら軽い

面倒くさがりな俺には最大のメリットといえる

 

デメリットは、

買い物ができない店ができる

急に現金が必要になったときに対応できない

などが挙げられる

 

とくに2つ目についてはかなり困ったことが過去に一度ある

結局借りて何とかなったが周りに迷惑かけることこの上ない

天然鈍感ドジ属性がある俺には割とよろしくない運用の仕方ともいえる

 

結局のところ…

使い勝手は最高にいい

今では、遠方に行くときや、

友達と出かけるときには現金を持ち歩くようにしている

 

そのときに現金を触ることになるが、

おつりを受け取る際、硬貨を触ったとき、

めんどくささを感じるまでに

クレジットカードの依存中毒ぶりをみせている

 

財布はキャッシュカード類を入れるものになって

現金を入れないようにしてからは、

お金は封筒にいれて持ち歩いているため

お札はともかく、硬貨はどうにも扱いが雑になっている

 

今もキーボードを置くテーブルに

昨日の支払いのお釣りが転がっているし、

ディスプレイの真下には、お釣りででた500円玉を

なんとなく集めて置いている

 

…子供には見せれんなあ(いないけど)

お金はこんな風に扱っていいものじゃあぁないのだ

100円が適当に転がっているというのは、

おにぎりが適当に転がっているのと同じこと

 

1日生き長らえられる価値のあるものを、

そんなゾンザイに扱っていい道理などない

 

 

…また、話がそれてるっ

 

ポイント還元があるから、といった理由で

クレジットカードを使い始める人が大多数だと思うが

お金が返ってくるわけだから使わない手はない

 

支払い期限にさえ気を付ければ、

所持していない分のお金を使うこともできるので

それもメリットと言える

 

俺は au wallet を使っているが

1%でも還元してくれるというのはやっぱりうれしい

月5万支払いなら500円は戻ってくる

年間通せば6000円だ

6000円と言えば、外食が数回出来てしまう価値がある

 

カードを使うだけでその権利を得られるこれを

安いとみるか、高いとみるかは人それぞれ